カムフラージュ
  • 停止時と服装
    停止時は移動時よりカムフラージュ率が勿論高いです、が立ち状態、しゃがみ状態、ホフク状態など状態を変えることによってもカムフラージュ率は上がるようです。
    しかしこれだけでは完全なカムフラージュではありません。服装などもも変える必要があります。
    例えば草むらにいたらその色や模様(?)に合った服装をしなければなりません。これを駆使してカムフラージュ率を100%にすると完全なカムフラージュの完成です。
    これは発売後分かりやすく表にして見たいと思います。

  • 移動時(ストーキング)
    移動時は当然停止時よりカムフラージュ率は低いですがその移動時の中でもまたカムフラージュ率の違いがあるようです。
    移動中でもその地形にあったカムフラージュをしていれば多少なりとも上がるようです。更に、走り、歩き、ホフクでも違うようです。さらにさらに今回注目のストーキングを使うと移動時でもカムフラージュ率を結構あげる事が可能です。ストーキングモード時は足音がならずその分カムフラージュ率が上がります。
    地形に合ったカムフラージュでホフク状態のストーキングをやるとかなり高いカムフラージュ率で移動も可能のようです。

  • 敵兵遭遇時と服装
    どの服装がどういう地形にあってるか簡単な予想してみたいと思います。
    ファイヤーパターン・・・・落ち葉みたいな物が落ちてる場所。
    敵兵が近くにいる時この状態で草むらに入れば当然すぐに見つかります。
    リーフパターン・・・・リーフと言うぐらいだから草むら。
    敵が近くにいてこちらに気づいた時草むらでしゃがめば敵の頭上に?マークが出て近寄ってきません。敵が近づいてきてもこの服装で草むらにホフク状態でいればカムフラージュ率が100%になりなんと敵兵が目の前にいても気づかれません。
    スノーパターン・・・・不明
    ツリーパークパターン・・・・樹木。
    オリーブドラブパターン・・・・土?
    タイガーストライプパターン・・・・地面(?)
    ブラックパターン・・・・これも地面(地面の色も場所によって違うようです)
    ま、適当に予想してみましたが結局のところ色が同じ、似てればOKなわけです。ちなみに草むらなどで隠れてる時いくらカムフラージュ率が高くても敵兵が近寄ってきて踏まれたらばれます。なのでストーキングホフクで下がったりした方が良いようです。

  • 樹木とカムフラージュ(服装、フェイスペイント)
    樹木などにカムフラージュする場合服装だけを変えても完全なカムフラージュは出来ず敵兵が近くに来るとばれてしまいます。なのでフェイスペイントも駆使せねばなりません。この2つを駆使して100%にすれば敵兵はスネークの存在に気づきません。
    今度はフェイスペイントの種類と服装、地形の関係について簡単な予想をしてみます。
    ブラックペイント・・・・ツリーパークパターンと併用して樹木に。またはブラックパターンと併用して地面に。
    ウッドランドペイント・・・・上記同様ツリーパークパターンと併用して樹木に(もしかしたら樹木にも種類があるかも)
  • わにのかぶりもの
    あれを装備してワニのかぶりものだけを敵兵に見せると敵兵は逃げていきます。

    カムフラージュ率100%組み合わせの表
    場所 服装 フェイスペイント 状態
    草むら リーフパターン なし ホフク
    樹木1 ツリーパークパターン ブラックペイント 立ち
    樹木2 ツリーパークパターン ウッドランドペイント 立ち
    地面 ブラックパターン ブラックペイント ホフク


    以上。ここに載ってる事はあまり信用しないほうが良いかと。管理人の予想も多数あるので、意味わからない所もあると思いますがつっこまないで下さい(苦笑)


  • SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO